ブログ、サイト運営に最適なレンタルサーバーConoHa WINGがスゴイ!

iHerbセール情報

スーパーセール 最大50%オフ!

ラーゲンペプチド 半額 
化粧品・美容品 半額
お試しセール リスト内商品が激安!(最大90%オフ)
〇紹介コード「ARY3280」の入力で初回購入者は追加10%オフ
2回目以降の購入者も追加5%オフ(リンクはコードは入力済み)
〇2回目以降の購入者でも上記コードの入力でCalifornia Gold Nutritionの製品は10%オフ!

このページを読むとわかること

・ConoHA WINGはブログ、サイトを作るなら最も適したレンタルサーバー

・wordpressに特化したレンタルサーバーでサポートも充実!

・国内最速のレンタルサーバーでサクサク快適なサイトを作ろう!

こんにちは、Bryan(@danielburaian)です。

今回はWordpress専用のレンタルサーバー「ConoHa WING」について紹介します。

ブログ、サイトを運営するならWordpressが最適なワケ

レンタルサーバーの具体的な説明に入る前にブログ運営について少しお話しさせてください。

ご存知の方も多いと思いますが、私は一昨年の冬から「はてなブログ」を利用してブログ運営を始めました。しかし、去年の秋くらいからはてなブログの契約期間(1年契約)が切れるのを見越して、Wordpressに移行した次第です。そして、はてなブログの有料プランが自動更新なのを知らず、解約し忘れて、1年間の契約料8000円をドブに捨てたのはこの記事に書いた通りです(トホホ…)。

とはいえ、私は当初から最初ははてなブログでサイト運営を始めつつ、いずれはWordpressに移行するつもりでした。はてなブログの方が最初の一歩としてはハードルが低いので、まずはそこで始めて見て、コツをつかんだらWordpressに移行しようと思ったからです。

そして、いまWordpressを本格的に使い始めたわけですが、かなり使いやすいですし、はてなブログよりも優れていると感じたので、その点について簡単に紹介します。

WordPressがはてなブログより優れている点① デザイン、カスタマイズが豊富

はてなブログは契約するだけで手軽に書けるという点を売りにしているので、めんどくさいカスタマイズや機能の実装はすべてはてな側が完了させてくれています。その反面、カスタマイズやデザインの変更が限られており、なかなか自分の思うようなサイト設計ができません。カスタマイズしようと思おうと、HTTPやCSSといったプログラミング的な要素が求められ、素人の私にはハードルが高かったです。

※実際にネット上に転がっているデザインの優れたサイトはほとんどWordpressを用いて設計されています。

WordPressがはてなブログより優れている点② 複数サイトを運営するならWordpressの方が安い

はてなブログは1年契約で8000円ちょっとの値段です。

複数サイトの運営もできますが、サブとなるサイトでは広告を載せることが禁止されているため(私の記憶違いだったらすみません。少なくとも1年前はそうでした)、サブサイトでは収入が期待できません。

一方でWordpressにかかる費用は

  1. レンタルサーバー代 15,000円/年
  2. WordPressのテーマ代 20000円程度 (ものによる。ピンキリ)
  3. ドメイン代 1000円/年

といったところでしょうか。

テーマとはWordpressのデザインのようなものでテーマを一度購入することでカスタマイズやデザインの変更が容易になります。使いまわしOKのテーマを選択すれば購入以降追加の料金がかかることはありません。ちなみに、このサイトでは「THE THOR」というテーマを使用しています。

全体的に見るとはてなブログよりも高いじゃないか!と思うかもしれませんが、複数サイトが追加料金なしで作れるならこちらの方が安いと感じます。そのサイトからさらに収入も得られるわけですし。

WordPressを契約するなら複数サイト作らないと損なんです。だから、私も英語に特化したサイト「イングリ!」iHerbの商品やセールを紹介するサイト「iHerb辞典」を開設しました。興味があったら覗いてくれると嬉しいです。

これもこのサイトと同じテーマ「THE THOR」を使って設計しており、THE THORのデザインの豊富さがわかるかと思います。

WordPressがはてなブログより優れている点③ ネットで調べ物をした時にすぐに調べられる

サイトのカスタマイズで困った時、ネットで簡単に調べることが多いと思いますが、だいたい出てくるのはWordpressを使ったサイト設計の解決法です。はてなブログはほとんど見当たりません。自分は初心者なのでネットで調べて簡単に出てくる有名なサービスの方が良いと思い、Wordpressにしました。

WordPress運営に最適なレンタルサーバー「ConoHa WING」

前述の費用の項目を見て気づいた方もいらっしゃると思いますが、Wordpress自体は無料でインストールできます。重要なのはレンタルサーバーを借りることです。中にはWordpress専用のレンタルサーバーもあり、そこではレンタルサーバーの管理画面から直接wordpressがインストールできるようになっているので、かなり便利です。このようにすればwordpressとレンタルサーバーを紐づける面倒な設定も不要です。

そこで私がオススメしているのがConoHa WINGというレンタルサーバー。世に珍しいwordpress専用を謳うレンタルサーバーでWordpressとの相性がかなり良いです。

ConoHa WINGの凄いところ

初心者にやさしいwordpress専用レンタルサーバー

前述したようにConoHa WINGはwordpressのレンタルサーバーとなっています。

そのため、レンタルサーバーの管理画面上からWordpressのインストールが完了でき、難しい設定も必要ないため初心者にやさしいレンタルサーバーです。

ConoHa WINGは通信速度が国内最速

ConoHA WINGは超高速PHP実行環境や独自にチューニングしたキャッシュ機能、最新の高性能サーバーなどによって処理速度は国内最速を誇っています。

Webサイトの表示時間が2秒間遅延するだけで、離脱率が50%増加するという調査結果や、Amazon.comが行った調査によるとページ表示速度が0.1秒遅くなるごとに、売上が1%低下するという結果があるので、ウェブサイトの表示時間は短いに越したことはないです。

ConoHa WINGは料金が安い!

ConoHa WINGは時間単位の料金制度を採用しています。どういうことか具体的に見ていきましょう。

例えば、あなたが月額1,200円のベーシックプランを契約しているとしましょう。すると、この1,200円は1か月の最大料金ということになり、それまでは1時間2円で利用できちゃうんです!つまり、月600時間以内の利用であれば、1,200円よりも安く利用できるということ!

これは他のレンタルサーバー会社を見ても見つからない画期的な料金プランですし、メンテナンス時間をうまく取り入れることができるのであれば月20時間×30日=600時間以内での利用も可能でしょうから、レンタルサーバー業界では最安値ではないかと思います。

ベーシックプランの場合の料金体系
ConoHa WING 料金プラン
ConoHa WINGの料金プラン。ConoHa WINGの料金ページよりより

実際に他のレンタルサーバー会社の料金と比較してみると、X社はSSD、200GBのx10プランで900円、L社は同等グレードのハイスピードプランが月1,000円となっています。料金自体はConoHa WINGより安いですが、前述したように月600時間以内の利用であれば、1時間あたり2円で利用できるのでConoHa WINGの方にコストメリットがありそうです。

また、L社とX社はどちらもサーバー設置代金として初期費用3,000円がかかります。しかし、ConoHa WINGであれば初期費用はなんと無料です!

ドメインの登録が無制限

その他にもドメインの登録が無制限に行えるという利点もあります。

前述したように、Wordpressでサイト運営する場合は多くのサイトを運営すればするほど初期投資の額が相対的に小さくなり、1サイトあたりの管理費用が安くなるので、複数ドメインの取得と複数サイトの運営はオススメです。

その点、ConoHa WINGならドメインの登録は無制限にいくつでも行えるので安心です。

 

今ならConoHa WINGのレンタルサーバーは14日の間無料体験が可能です。

これからブログやサイト運営を始めたいという方は、ぜひ一度ConoHa WINGを試してみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!